トレーニング期間に積極的にとりたい食べ物

トレーニング期間でとりたい食べ物

食事の内容を考える

必要な栄養素

もう言うまでもないのかもしれませんが、まずはタンパク質を摂らなければなりません。
そのためのプロテインでもありますからね。
私たちの筋肉はタンパク質から作られます。
トレーニングによって筋肉は壊されており、その修復によってさらに大きな筋肉を作り上げるわけですが、筋肉を作る元がなければその部分の筋肉は壊されたままです。
この点をよく理解しなければ、うまくトレーニングの効果が出ないまま、過ごすことになってしまうかもしれませんね。
そして、その筋肉の破壊と回復、超回復と呼ばれるものは、糖質がなければエネルギー不足となり、行われません。
結果、筋肉は減っていくことになるので、その摂取も欠かさないようにしましょう。

食事の中身

タンパク質は肉や魚などのメインディッシュ、糖質は米やパンなどの主食に含まれていることを考えると、結局のところ、栄養に気をつかいつつも、しっかりとした食事をとることが最も良いのだということがわかってきます。
これは余分だからダメだ、などと言って簡単な栄養食で済ませることも、別に悪いことではないでしょうが、魚や鳥肉などと一緒に玄米を食べるなど、楽しく美味しい食事を心がけていくのが一番かもしれません。
また、三食のリズムを崩さず、かつ食事と食事の間を空けすぎないことも重要です。
先述しましたが、空腹では効果は得られず、かといって食べすぎも余分な脂肪を生んだり、運動能力の低下を呼んだりするでしょう。
極端な方法、極端な近道はなく、バランス。
結局、それが一番なのかもしれません。


このコラムをシェアする